債務整理 任意整理

お金の対処法

債務整理とは?

読了までの目安時間:約 2分

 

債務整理とは、借金に困った人を救済する方法です。

債務整理にはいくつか種類があります。

 

■自己破産
現在ある借金をすべて処分し、返済する必要がなくなります。
しかし、資産がある場合はすべて没収されてしまいます。

 

■個人再生
借金を減額してくれます。
借金を返済する必要はありますが、資産は残ります。

 

■任意整理
弁護士や司法書士が金融会社に対し、借金の減額、分割の支払いなどを交渉してくれます。
借金の総額が減ったり、返済が楽になります。

 

■特定調停
裁判所にて調停委員を間に置き、金融会社と交渉を行います。
任意整理と異なり弁護士や司法書士に依頼せず個人で行えますが、知識がないと難しい方法です。

 

借金や収入の状況によってどの方法をとるかは変わってきますので、まずは弁護士などに相談するのが一番でしょう。

このように色々種類のある債務整理ですが、どの方法を取っても必ず信用情報に債務整理の事実が残ってしまいます。

 

ブラックリストに載る、ということです。

 

そうなると数年は新たに借入ができなくなってしまいます。

 

もう借金を終わりにしたい、生活を立てなしたいと思っている方には債務整理はいい方法かもしれませんが、今現在返済に困っていなくて、新たに借入れする予定があるのならば、安易に債務整理を選択しない方がいいといえるでしょう。

 

消費者金融 審査

 

 

 

 

タグ :    

借金   コメント:0

ブラックリストに載るということ

読了までの目安時間:約 2分

 

ブラックリストという言葉は、一度は聞いたことがあると思います。

しかし、そもそもブラックリストって何なのか?私は、ふと疑問に思いました。今のところ私の借金といえば車のローンくらいです。
私でもブラックリストに載る可能性があるのかと気になったので、少し調べてみました。

少し調べただけでブラックリストという名のリストは存在しないことが分かりました。
イメージとして黒い台帳みたいなものだと思っていたのですが、少々残念。

しかしリストは存在しないものの、何らかの金融事故を起こして指定信用情報機関に情報が保管され、借り入れができない状態の人のことを「ブラックリストに載っている人」と言えるようです。
事故情報は、一度登録されたら一生、というわけでもなさそうです。

日本にある3つの指定信用情報機関では、いずれも最長5年となっているようなので、その期間を過ぎればまた借り入れができるようです。
しかし5年の間、基本的に借り入れは出来ません。

ブラックでも借りれる消費者金融も探せばあるのでしょうが、大手ではまず審査が通りませんし、家や車の購入は不可能と言えるくらい厳しいようです。
ここまで調べて、私も車のローンを延滞すれば十分ブラックリストに載る可能性があるのだと分かりました。

今のところ、支払いが厳しい状況ではありませんが、口座の残高不足などには気を付けようと思いました。

借金 消費者金融

 

タグ :    

消費者金融   コメント:0