クレジットカード キャッシング

お金の対処法

一昔前の地方ATM事情

読了までの目安時間:約 2分

 

学生時代、地方都市に一人暮らししていました。
アルバイトと奨学金での苦学生をしていたので、家計はいつもギリギリ。
そんな時、アルバイトが夜遅くまで連日続き、お金をおろしに行く暇が無くてとうとう財布の中が空に。

当時は深夜まで営業しているATMも無く、今のようにコンビニにATMも無かったため困り切ってしまいました。しかもスーパーなどでクレジットカード支払いもあまり浸透していなかった種、買い物もできない。
そんな時、ふと銀行ATM隣のキャッシングが目に入りました。

クレジットカードでキャッシングができる、とそこに書いてある。
取りあえず一万円あればいいし、すぐにカードの引き落とし日が来るからその時に返済もできる。
初めてキャッシングを利用するので、本当に怖々。

けれど操作はあっという間。普通のATMと同じようにお金をおろして、後でクレジットカードの返済と一緒に払うだけ。あんなに怖がっていたのはなんだったんだろう、という呆気なさでした。

今はネットでもキャッシングができるようになっているそうなので、本当に日々色々な手段が出来ているのだと実感します。
今でこそATMも夜中までやっているので、利用する機会があまりありませんが、また似たような機会が有った時にはお世話になるかと思います。

 

タグ :   

クレジットカード   コメント:0

この記事に関連する記事一覧