ボーナス 感謝

お金の対処法

ボーナスについて思う事

読了までの目安時間:約 2分

 

ボーナスを初めてもらった時(かなり若かりし頃・・・)は、こんなに貰っていいのかなと思いました。半分は親に感謝の意を込めてプレゼントしました。でも、毎年もらうようになると勝手なもので自分の好きなものの買い物に使うようになるのですね。親に渡したのは2回ほどで消滅しました。今までボーナスで高額な買い物した記憶はないなぁ・・・。華道〇〇流の看板ぐらいかなぁ。今考えると真面目だったなぁ。そして、結婚して子供を持つと子供の方にお金が流れていくんだなぁ・・・。

ようやく自分のために使える時期が来たと思った時には、ボーナスなどとは言えないほどの少額で、・・・悲しいですねぇ。でも、まぁもらえるだけいいかなと自分に聞かせています。元々それほどお金に欲はないので。(まぁ、育ちが良かったのでしょうかねぇ・・・ホホホ)
そして、いつも思うのは公務員のボーナスです!!
その昔ボーナスというのは、元々お役所から始まったと聞いています。普段のお給料があまりにも少なく、お盆と年末に帰省するためにと出したのが始まりとか・・・。だったら、いまの時代一番お給料が保障されていて安全職で、まして私たちの税金なのに、なんであんなに高額なボーナスが出るのかと、ちょっぴり憤慨してしまいます。一般企業で汗水流して頑張っている人がもらうべきです。(お役所関係の方々ごめんなさい)
だいたい県知事なんてなんであんなにもらう必要があるのかといつも思います。それに見合った仕事しているなかなぁなんて思ったりも。とにかく、まだまだ不公平な世の中だと思う私であります。

 

ボーナス   コメント:0

この記事に関連する記事一覧